クレンジング 毛穴 保湿

MENU

黒ずみ毛穴をすっきりクレンジング 保湿もしっかりのクレンジングの選び方

朝、ファンデを塗っているときに鏡にうつる自分の顔を見て気になり始めたのが毛穴。

 

シミとかシワは気になって、いろいろとシミやしわに効くという基礎化粧品や美容液もあれこれ試しています。
美容には毎月それなりのお金をかけているつもりだったれど、毛穴が目立つってことは、毎日のクレンジングや洗顔が足りないのかなと思って毛穴によさそうなクレンジングを探してみました。

 

アットコスメや楽天、Amazonの口コミや雑誌やSNSなどの評判をもとに、しっかり汚れを落として毛穴ケアできるのに乾燥肌にならずに保湿もキープできるクレンジングをまとめてご紹介します。

毛穴美人ににはクレンジングはマストな理由


クレンジングというからには、しっかり汚れを落とすのは必須です。
クレンジングがきちんとできていないと、肌がくすんできたり、毛穴が開く原因にもなり、毛穴の黒ずみも増えてきます。

 

毛穴の開いて毛穴たるみが進むと肌のキメも粗くなるので化粧のりも悪くなるという悪循環になります。
また、肌の老化もすすむことで、実年齢よりも老けて見られるようになってしまいます。

 

なので、仕事や外出して疲れたからと言ってメイクを落とさずに寝てしまうなんてことを続けてしまうと毛穴や肌には良くないので簡単ですっきり汚れを落として美肌ケアできるクレンジングを選びましょう。

毛穴ケアと保湿ができるおすすめクレンジング

ナールスエークレンズの特徴

肌にやさしいアミノ酸系洗浄成分

気になる毛穴汚れはクレイが吸着し、アーチチョーク葉エキスが毛穴の「目立ち、黒ずみ、乱れ」にアプローチします。
シワやたるみの原因とななる活性酸素を「金」が取り除いてくれるので、クレンジングど同時にエイジングケアもできます。
粘りのあるジェルなのでメイクに良く絡み軽い力で伸びるので肌に摩擦による負担が少ないので敏感肌や乾燥肌におすすめ。
定期購入ではなく1回限りの単品購入で30日間返金保証がついているのも肌に合うか心配な敏感肌の人でも安心して購入できるポイントです。
ダブル洗顔不要
まつエクOK

価格 2560円
評価 評価4.5
備考 内容量200g(約2ケ月分)
ナールスエークレンズの総評

皮膚科医監修の乾燥肌、敏感肌でも安心のクレンジングジェル

肌のセラミドや天然保湿因子(皮脂分泌や水分量)の減少が気になる30代以上のエイジングケア世代におすすめのクレンジングです。
敏感肌や乾燥肌で毛穴や肌のくすみが気になるけれど、ディープクレンジングは肌にダメージを与えそうで心配な人におすすめです。
ウォータープルーフのマスカラやアイラインを使用した場合は、ポイントメイクリムーバーの使用が必要ですが、それ以外ならばダブル洗顔なしでメイクをしっかり落とします。
香りは、癒されるほんのりローズの香りです。

 

リファホットクレンズCLの特徴

人気のローラー美顔器でお馴染みのリファから発売されたクレンジング。

肌にやさしく、メイクも毛穴汚れもすっきり落とすクリームタイプのホットクレンズ。
美容成分96%配合でダブル洗顔不要です。
楽天総合ランキング1位獲得の人気の商品です。

価格 通常3780円
評価 評価4
備考 【定期購入】リファホットクレンズ CL(200g/約2ヶ月分)¥3,024[税込]
リファホットクレンズCLの総評

温感クレンジングが肌をやわらかくし毛穴汚れをするんと落とします。

クリームタイプなので伸びが良く肌への負担が少ないのでうるおいを保ちながらやさしいクレンジングができます。
低分子コラーゲンで肌の内側まで柔らかく整えることで、洗顔後のスキンケアの浸透を高めてくれます。

 

ファンケル マイルドクレンジングオイルの特徴

無添加化粧品のファンケルの人気商品のクレンジングオイル。

メイク、ざらつき、毛穴詰まりも落とすします。
オイルクレンジングなのにまつエクしてても使えます
こすらずになでるだけでメイクがするんと落とせてヌルつきは残りません。
濡れた手でも使えるので、お風呂でメイクを落としたい人にはおすすめ。

価格 初回限定特別価格500円
評価 評価4
備考 通常価格1050円相当(約1ヶ月分・60ml)
ファンケル マイルドクレンジングオイルの総評

リニューアルしたマイルドクレンジングは、旧製品に比べてうるおいキープ力が125%アップ

毛穴の角栓はスッキリ落とすのに肌の潤いは落としません。
毛穴つるすべオイルの働きで、頑固な角栓、乾燥肌でもできている見えない隠れ角栓、たるみ毛穴の中に残っている居残り角栓などいろいろなタイプの角栓をしっかりケアして毛穴をすっきりさせます。
マイルドな洗浄成分でオイルにも粘性がありまつ毛にしっかりからんでマスカラを落とします。
保湿効果が期待できる天然オイルが配合されているので肌にもやさしい。
マイルドクレンジングに洗顔パウダーがついた通販限定の洗顔トライアルキットも公式サイトで販売されています。

通販限定 洗顔トライアルキット(通常価格1900円相当が980円)
洗顔パウダー25g(約15日分)
マイルドクレンジングオイル60ml(約30回分)
泡立てネット
使用後でも返送料無料で返品・交換Okの無期限返品保証付き
ファンケル無添加エイジングケア洗顔実感キットの詳細はこちら

 

クレンジングの種類と特徴

クレンジングの種類には主に下記の6種類のタイプがあります。
それぞれのクレンジング力や特徴を詳しく説明しましょう。

 

クレンジングの主なタイプ

  • オイル
  • リキッド(ローション)
  • ジェル
  • クリーム
  • ミルク

 

オイルタイプ

クレンジングの中で一番多いのがオイルタイプ。
一番の洗浄力で、ウォータープルーフの化粧品でも簡単に落とすことができます。

 

クレンジングのどのタイプにも多かれ少なかれ入っているのが界面活性剤です。
その中で、オイルタイプのクレンジングには界面活性剤が多く含まれています。

 

汚れだけでなく必要な皮脂まで洗い流してしまうか可能性があるので、クレンジング後の肌への負担が大きいので乾燥肌や敏感肌の人が毎日使うのはおすすめできません。

 

クレインジングの後は、しっかり保湿が必要です。

 

リキッド(ローション)タイプ

軽やかな洗い心地が特徴的な液状や化粧水のようなテクスチャーのクレンジング剤です。
とろみがあって肌に直接つけて馴染ませて洗い流すものや拭き取り化粧水のようにコットンにつけて拭き取るもの、クレンジング後に洗顔が必要なものやいらないものなど様々な使い方の製品が販売されているのがこのタイプです。

 

拭き取り化粧水のようなローションタイプは、クレンジング後にさっぱりした使用感があるものがあるのですが、その中にはアルコールが多く含まれているものも多いです。

 

なので、肌への刺激が強く、そのままの状態だと肌の乾燥を招きます。
このタイプのクレンジングを使う場合、アルコールの刺激に弱い敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要です。

 

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは、チューブなどの容器から直接手に取って肌になじませるタイプ。
メイクにもなじみやすくオイルやクリームに比べてベタつかなので、サッパリとした洗い心地が好みの人には人気です。

 

オイルに比べると、洗浄力が弱いので、マスカラなどは落としきれないので目元や口紅などのポイントメイクは、ポイントメイク用のクレンジングで先に落としておく必要があります。
オイルよりも肌への負担も少なくクレンジングによる乾燥が少ないので、毎日のクレンジングに使用している人も多いと思います。

 

ジェルでも油系と水系の2種類があり、最近では温感タイプが人気です。

 

クリーム(ミルク)タイプ

クリームタイプは、乾燥肌の人向けとされ油分を多く含みます。
油を乳化させて、水となじませてあるクレンジング剤です。

 

クリームタイプの商品には、メイクを落とす成分だけでなく「美容成分」が入ってるものもあり、マッサージにも使えるものもあります。

 

ミルクタイプも油分が多いですが、クリームよりは油分が少なく、と油系のリキッドよりも油分が多いクリームとリキッドの中間の位置にあります。
肌への負担が少ないので、乾燥肌や敏感肌の人、年齢により皮脂が少なくなってきていると感じはじめた30代、40代以上の人にもおすすめです。

 

泡タイプ

泡状になっておいて洗顔メインの物が多いです。
最近人気の炭酸クレンジングなどもあります。

 

 

洗浄力だけでクレンジングを選んでいませんか

今までは、クレンジングはメイクや皮脂などの汚れがしっかり落ちれば落ちるほど、あとからつける美容液などのスキンケアもしっかり肌に入っていくんじゃないかと、なのですっきり落とすクレンジンが良いんだとばかり思っていました。

 

なので、マスカラやしっかりメイクも一度で落とせるクレンジングならば、オイルクレンジングが一番だと思って、ナチュラルメイクの時もオイルクレンジングでがっつり落としていました。

 

でも、年齢とともに顔の皮脂も少なってきたせいなのか、今までのオイルクレンジングでは、洗顔後に肌がつっぱって乾燥する感じがします。
クレンジング後は、あわてて化粧水や乳液などで保湿をしてあげないと肌がカサカサ、カピカピするのでべたべたするくらいの保湿力の高い化粧品をしっかりつけなけばなりませんでした。

 

ということで、今までの落ちるだけのクレンジングから毛穴ケアのできるクレンジングに変えてみようと思って、いろいろ調べてみたら、自分のクレンジング選びが間違っていることに気がつきました。
クレンジングは、ファンデーションや汚れは落としても、必要な皮脂や潤いは残してくれる肌に優しいものでなければ、肌の乾燥や乾燥による過剰な皮脂分泌によって毛穴が目立ってしまうようです。

 

では、しっかり汚れを落とすのに肌に優しいクレンジングといっても、クレンジング剤は、たくさんの商品がありすぎて、どれを選んで良いのか迷ってしまいます。
ドラッグストアやスーパーの売り場で売られている市販の商品だけでもたくさんあります。

 

なので、毛穴や美肌のための保湿ができるクレンジング選びの参考にしていただければと思います。